奨学制度の主旨

保護者が埼玉県内に住居する者、又は本人が埼玉県内に居住する者で、日本伝統である物事に感謝し、恩に報いる心のある人。学業優秀、品行方正、身体強健でありながら、経済的理由により就学が困難な学生生徒に対する学資の貸与、海外留学費用の貸与をします。国際的視野に立って、県下の産業教育に寄与し、進歩発展に貢献していく人々になることを希望しています。

募集要項

保護者が埼玉県内に住居する者、又は本人が埼玉県内に居住する者で、高等学校、大学又は高等専門学校に在学し、本育英会の主旨を理解し、学業、人物ともに優秀かつ健康であって、学資の支弁が困難な方。

①応募資格 保護者が埼玉県内に住居する者、又は本人が埼玉県内に居住する者で、高等学校、大学又は高等専門学校に在学する者
②貸与月額 下記、貸与月額表を参照ください。(無利子)
③貸与期間 奨学生が在学する正規の最短就業期間とする。
④必要書類 履歴書、学資貸与願(奨学生願書)、奨学生志望理由書、在学学校長の奨学生推薦書及び在学証明書(健康診断書と学業成績表を添付)身上具申書、連帯保証人の資産内容証明書
⑤募集人員 若干名
高等学校奨学生(国公立) 14,000円
高等学校奨学生(私立) 26,000円
大学(院)奨学生(国公立) 38,000円
大学(院)奨学生(私立) 47,000円
高等専門学校奨学生(国公立) 17,000円
高等専門学校奨学生(私立) 28,000円

※海外留学の場合、ご相談ください。
※上記金額内で本人の希望する金額を貸与します。
※貸与を終了した月の翌月々から起算して6ヶ月を経過した後、貸与を受けた最終月額の半額以上づつを毎月本会に返還しなければならない。

奨学制度の生い立ち

大川平三郎氏

創始者「大川平三郎氏の理想」国を愛し考悌(こうてい)忠恕(ちゅうじょ)(父母に孝行し兄弟なかよく正直で思いやりのあること)で勤勉に努力の精神を起こすこと

「創立」

王子製紙初め多くの日本の製紙会社を設立し、それらの社長など重要な役員の職にあり、日本の製紙王といわれた、坂戸市出身の大川平三郎氏が、埼玉県の青少年の育成を目的に、私財を投じて大川育英会を設立したことに始まります。大正12年9月、関東大震災で多くの家が破壊され、沢山の学生、生徒が困窮状態になりましたが、勉学にいそしむ青少年が学業を継続できるように奨学金を給与又は貸与したものです。昭和11年大川平三郎氏の亡き後も育英事業は続けられましたが、第二次大戦が激しくなり19年に中断せざるをいなくなりましたが、それまでに奨学金を受けた奨学生 は500人にも上りました。それらの奨学生は卒業後は、大企業の重鎮、事業者、医師、弁護士、政治家などになり活躍していました。

「復活」

敗戦によりこの会の育英事業原資が枯渇してしまいましたが、戦後、奨学生のOB会(桜影会)のなかから多くの人が大川氏に感謝し恩に報いる気持ちで資金を出し合い、大川育英会の事業を復活させました。昭和46年、育英事業に個人名を使用は好ましく無い、との文部省の指導により、大川平三郎氏の氏名から二文字を取って一般財団法人大平奨学会と改名しました。平成23年現在まで約200人の高校生、大学生が奨学金の貸与を受けて世に出て活躍しています。

「資金の源」

この会は貸与を受けた人々が社会人になってから、感謝の気持ちでその貸与金を返済してくれており、その返済金と寄付による資金で、次世代の青少年の育英資金に当てています。

「報恩感謝」

すなわち恩に報いる行為として復活したのです。これからも一般一般財団法人大平奨学会は、将来の日本を担う、出資者の気持ちを理解し有為な人材を育成するため、更に多くの学生等を支援する活動の発展に努めていく所存です。多くの人に青少年育成を目的とする当会の活動にご理解を賜り、多くの人にあたたかいご支援、ご協力をお願い致します。

お問い合わせ

下記のフォームをダウンロードしていただき、必要事項にご記入後、FAXでお申し込み・お問い合わせをお願いいたします。

お申し込みフォーム

お問い合わせ FAX:048-864-7955

一般財団法人 大平奨学会(PDF)

ページの先頭へ